レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

ケチャップ味で♪「牛カルビとトマトのグリル」

めずらしく今日は、いろんな種類のお肉を買い込んできました。その中で今日食べるのは牛カルビ!ちょっとお買得になってたやつです。

カルビっていうと焼肉のイメージだけど、そのままじゃ芸がないので、トマトと一緒にグリル料理にすることにしました。

お肉をガッツリ食べながら、少しだけど野菜も一緒に摂れるように。

今回は、カルビにケチャップとソースで味をつけて、バジルを混ぜたパン粉ものせた「牛カルビとトマトのグリル」です♪

牛カルビとトマトのグリル



ほぼ手順を書いちゃいましたね。サラッと書けるぐらい簡単です♪

カルビだけだとちょっとヘビーに感じる方も、トマトとレモンをプラスするから、結構食べやすくなってますよ!

「牛カルビとトマトのグリル」の作り方
「牛カルビとトマトのグリル」の材料

☆の材料は混ぜ合わせてあります。
材料(3〜4人分)
  • 牛カルビ肉 250g
  • ミディトマト 3個
    (トマト 2個分)
  • ★ケチャップ 大1
  • ★ウスターソース 大1
  • ★塩・こしょう 適量
  • ☆パン粉 1/2カップ
  • ☆オリーブオイル 大2
  • ☆レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • ☆乾燥バジル 適量
  • ☆塩・こしょう 適量
トマトは縦半分に切り、1cm幅に切る。フライパンで牛カルビを炒め、★で味つけする。

トマトは縦半分に切り、1cm幅に切る。

フライパンで牛カルビを炒め、★で味つけする。
耐熱皿に牛カルビとトマトを交互に並べ、☆を混ぜ合わせたパン粉をかける。トースターで焼き色をつけたら出来上がり♪

耐熱皿に牛カルビとトマトを交互に並べ、☆を混ぜ合わせたパン粉をかける。

トースターで焼き色をつけたら出来上がり♪


牛肉とトマトって相性いいですよねぇ。…ってあらためて思ったりして。そんなくらいおいしくて、あっという間に売り切れました♪

ケチャップとソースで味つけしたカルビも、なかなかよかったですよ。正直単品でもおすすめです!お子さんたちも好きな味かな。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

厚切りがおすすめ!「牛タンとズッキーニのグリル」

先月 焼肉屋さんではじめて厚切りの牛タンを食べました。そのおいしさが忘れられなくて、ついに自分でも買ってきちゃいました!

そして気がついたこと・・・牛タンってお高いんですね(笑)

牛タンと言えばレモンがつきもの。ということで、今日は直球勝負の「牛タンとズッキーニのグリル」です♪

牛タンとズッキーニのグリル



何が直球勝負かって、レモンは最後にギュッと絞るだけだからです。

いつものことだけど「レモンを主役に!」というコンセプトはどこへやら。でも牛タンにレモンは鉄板ですもんね。

「牛タンとズッキーニのグリル」の作り方
牛タンのグリルの材料

ズッキーニとレモン、いませんね。
材料(2人分)
  • 牛タン(厚切り)200g
  • ズッキーニ 1本
  • すりおろしにんにく
     適量
  • 塩・こしょう 適量
  • レモン 1/2個
牛タンに切れ目を数本入れ、にんにく、塩、こしょうを両面に塗り込む。ぴったりとラップをして半日以上冷蔵庫で寝かせる。

牛タンに切れ目を数本入れ、にんにく、塩、こしょうを両面に塗り込む。

ぴったりとラップをして半日以上冷蔵庫で寝かせる。
フライパンで両面色よく焼く。

フライパンで両面色よく焼く。

ズッキーニは幅1cmくらいの厚さに切って、フライパンで両面を焼く。

適当な大きさに切った牛タンと一緒に器に盛って、最後に塩・こしょうをかけてレモンを飾ったら出来上がり♪


牛タンがゴロンゴロン入ったこのグリルは、シンプルだけどすごくおいしかった〜♪ 薄切りとくらべると圧倒的な存在感です!

家族にも大好評だったけど評価は98点。残りの2点は「炭火焼がよかった」ですって!そんなのムリです。100点にしておいてください。

ちなみに厚切りの牛タンを選ぶときは、さしの多い(赤身が少ない)ものの方がやわらかくていいですよ。ぜひお試しを♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

レモンとハーブが香る♪「牛肉のポトフ」

今日のごはんは圧力鍋でちゃちゃっとポトフ。お鍋でコトコト、もいいけど時間がないときなどには大活躍してくれます。

そして今日、はじめてのブーケガルニを使いました。とは言っても、ティーバッグタイプのもので、中には9種類のハーブが入ってます。

ローレル・ローズマリー・タイム・バジル・フェンネルなどなど。
さらにレモンをプラスして「牛肉のポトフ」を作りました♪

レモンとハーブが香る♪「牛肉のポトフ」



ハーブを自在に使いこなしたいと思っていても、ついこの手のものに頼ってしまいますね。ハーブに詳しくない私にはちょうどいいかも。

今まではほとんど使わなかったハーブも、今では煮込み料理などでよく使います。味の違いもわかるようになりましたよ(笑)

「牛肉のポトフ」の作り方
「牛肉のポトフ」の材料

4人分と書いておきながら、使ったじゃがいもは小3個・・・。
材料(4人分)
  • 牛肉(角切り)300g
  • キャベツ 1/4個
  • にんじん 1本
  • じゃがいも 小3個
  • ★レモンスライス 2枚
  • ★白ワイン 100cc
  • ★ブーケガルニ 1袋
  • ★顆粒コンソメ 大1
  • バター 適量
  • 塩・こしょう 適量
キャベツは縦半分に、にんじんは乱切りに、じゃがいもは大きければ半分に切る。

キャベツは縦半分に、にんじんは乱切りに、じゃがいもは大きければ半分に切る。
圧力鍋に油を熱し、牛肉を炒めて一旦取り出す。

圧力鍋に油を熱し、牛肉を炒めて一旦取り出す。
野菜と★の材料を加えて、煮立ったら牛肉を戻す。フタをして約7分加圧する。

野菜→牛肉の順に圧力鍋に入れ、ひたひたの水と★の材料を加える。

煮立ったらアクをとり、レモンを取り除く。

フタをして約7分加圧する。

そのまま自然放置して、圧力がなくなったことを確認したらフタを開ける。

バター・塩・こしょうで味をととのえたら出来あがり♪


レモンとハーブで、今までにはなかった爽やかで薫り高いポトフができちゃいました!まじめに作ったらおいしくできるものですね。

すっかり気に入っちゃって、食べ終わってすぐ第2弾のポトフを作りましたよ。今度は牛肉の代わりに定番のソーセージで!

こうやって、お料理の幅が少しずつ広がっていくのがとっても楽しいです。明日は何を作ろうかな♪ またポトフだったりして!


ローストビーフ *ガーリックバターソース*

久し振りに思い切って牛肉をブロックで買いました!めったに買わないけど、お肉が大好きな家族へのちょっとしたごほうびに♪

小さめのブロックだけど、特別感のあるローストビーフを作ることにしました。しかもオーブンではなくて電子レンジで作りましたよ。

ちょこっと「ローストビーフ *ガーリックバターソース*」です♪

ローストビーフ *ガーリックバターソース*



本格的ではないけど、電子レンジでできるなら気軽に作れるし、何より調理時間がとっても短いから忙しいときには非常に助かります。

ちなみにソースはお好みのもので全然OK。赤ワインやホースラディッシュなどはないので、今回はガーリックバターソースにしました♪

「ローストビーフ *ガーリックバターソース*」の作り方
「ローストビーフ *ガーリックバターソース*」の材料
材料(2人分)
  • 牛もも肉(ブロック)
     250g
  • にんにく 2片
  • 塩・こしょう
  • バター 40g
  • レモン果汁 大さじ1
牛肉は室温に1時間くらいおく。塩・こしょうを振って、にんにくをスライスしたものを両面にはりつけて、さらに30分程度おいておく。

牛肉は室温に1時間くらいおく。

塩・こしょうを振って、にんにくをスライスしたものを両面にはりつけて、さらに30分程度おいておく。
フライパンに油を熱し、強火で両面、側面に焼き色をつける。

お肉からにんにくを外してとっておく。

フライパンに油を熱し、強火で両面、側面に焼き色をつける。
耐熱容器に入れて、ラップをかけずにレンジで1分半加熱する。肉の厚さによって時間は変わります。

耐熱容器に入れて、ラップをかけずにレンジで1分半加熱する。

肉の厚さによって時間は変わります。今回は厚さ4cm程度でした。
小鍋にバターとにんにくスライスを熱し、にんにくの香りが立ってきたらこしょうを加えて火をとめる。レモン果汁を加えたらソースの完成。

小鍋にバターと、とっておいたにんにくを熱し、にんにくの香りが立ってきたらこしょうを加えて火をとめる。

レモン果汁を加えたらソースの完成。

お肉が冷めたら薄く切ってお皿に盛り、ソースとパセリをかけたら出来あがり♪


電子レンジの加熱時間がちょっとむずかしいけど、短めに設定して一度切れ目を入れて確かめてみるといいです。私もそうしましたよ。

正式な作り方じゃなくても、ここまでおいしくできれば十分です。
我が家はとくにね(笑)。あとは盛りつけで華やかさを演出する!

お子さま向けになってしまった感はあるけど、旗を振って応援している気持ちを込めています。私にできることはそんなに多くないから。

毎日おいしいごはんが作れるようにこれからも頑張っていきます♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

コクうまっ!「牛バラ肉と大根の塩炒め」

最近食べていなくて体にいいものって何だろう、と考えて思いついたのは大根。大根は酵素が多く含まれていて、生で食べるのが一番!

なのに何のためらいもなく加熱!しかも牛バラ肉を使って脂肪分たっぷり(笑)バラ肉はおいしいからね。その分味つけはシンプルに。

今日は健康を意識したつもりの「牛バラ肉と大根の塩炒め」です♪



この料理はバラ肉を使うのがおすすめ。大根にバラ肉の旨みがしみ込んでコクが出るからおいいしくなるんです。

健康的な食材を使って、おいしく食べたいと思ったらコレが一番!

「牛バラ肉と大根の塩炒め」の作り方
「牛バラ肉と大根の塩炒め」の材料
材料(4人分)
  • 牛バラ薄切り肉 250g
  • 大根 1/2本
  • ★水 300cc
  • ★酒 大さじ2
  • ★鶏ガラスープのもと
     大さじ1/2
  • ★塩 適量
  • レモン果汁 少々
  • あさつき(あれば)
大根は乱切りにして下ゆでする。

大根は皮をむいて乱切りにし、下ゆでする。
フライパンに油を熱し、牛肉を炒める。大根と★を加えて水分がほとんどなくなるまで煮詰める。

フライパンに油を熱し、牛肉を炒める。

大根と★を加えて、ときどき返しながら、水分がほとんどなくなるまで煮詰める。

器に盛って、レモン果汁・あさつきを散らしたら出来あがり♪


健康的かどうかは疑問だけど、これは食べた人にしかわからないおいしさ♪大根がこんなにおいしくなるなんてー!…と叫びたいくらい。

本当は作りたてよりも次の日ぐらいが、味がしみ込んでおいしいです。おでんとかカレーみたいに、前日から仕込んでみてください。

今日はこのレシピのおかげで、大根のお料理をもっと開拓したくなりました。今度はやっぱり生で食べるバージョンを考えてみます♪




JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ハッピー気分で「ステーキと野菜のサイコロピック」

今日は、昨日の「ポテトキューブ」に続いて、まさかまさかのコロコロシリーズ第3弾!昨日の時点で今日のレシピは決まってました。

普段はまるいものが好きだけど、コロコロキューブも結構可愛いものですね。大人の晩ごはん用だけど、まるで子どものお弁当用みたい♪

カラフルでコロコロが可愛くて、見てるだけでハッピーな気分になっちゃいそうな「ステーキと野菜のサイコロピック」です♪

ステーキと野菜のサイコロピック



そしてそして今回は、レモンの登場の仕方がシンプル過ぎです。フレッシュレモンは一切使わず、FIDDESPAYNE のレモンペッパーのみ。

「コロコロ」のことしか考えてなくて、レモンのこと完全に忘れてました。そんなときにありがたいレモンペッパーです。

「ステーキと野菜のサイコロピック」の作り方
「ステーキと野菜のサイコロピック」の材料
材料(2〜3人分)
  • サイコロステーキ 300g
  • にんじん 1本
  • ブロッコリー 1株
  • レモンペッパー 適量
にんじんとブロッコリーはサイコロ状に切って、フライパンで炒め、レモンペッパーで味つけする。

にんじんとブロッコリーはサイコロ状に切って、レンジで加熱してやわらかくする。

さらにフライパンで炒め、レモンペッパーで味つけする。
同じフライパンでサイコロステーキを炒めて、レモンペッパーで味つけする。

同じフライパンでサイコロステーキを炒めて、レモンペッパーで味つけする。

お手持ちのピックやつまようじに、お肉と野菜を刺したら出来あがり♪


レシピはすごく簡単なのに、手作りのピック(つまようじ)でハタを立てたら、ちょっぴり食卓が楽しい雰囲気になりましたよ。

もういい大人だけどこういうの好きかも。できれば誰かに作ってもらって、ごはんだよ〜って呼ばれて、わぁ、可愛い♪って言いたい!

ちなみに、サイコロステーキって焼いたらサイコロじゃなくなるんですね(笑)しかも、ハンバーガーのハンバーグの味がしましたよ。

お弁当にもいいし、おもてなしや持ち寄りにもいいかもしれないですね。相変わらず私は、そんな機会は一切ありませんけど(爆)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

野菜も食べよう♪「焼き肉サラダ」

焼き肉って言うと、お肉ばっかり食べちゃって野菜がそっちのけになっちゃうこともしばしば。おいしいんだけど栄養がね・・・。

それを解消するために、はじめからサラダと一緒にしてみました。

お肉よりも野菜の方が多いぐらいがちょうどいいかもしれませんね。今回は何の変化球もない「焼き肉サラダ」です(笑)

焼き肉サラダ



こんなときでもレモンは使います♪ むしろこんなときこそかも!

カルビみたいなお肉にサッパリしたレモンは結構合うんですよ。お皿にも少しレモンスライスをのせておけばよかったですね。

「焼き肉サラダ」の作り方
「焼き肉サラダ」の材料

★の材料は混ぜ合わせてあります。
材料(2人分)
  • 牛カルビ 250g
  • ★しょうゆ 大さじ2
  • ★みりん 大さじ1
  • ★酒 大さじ1
  • ★レモン果汁 大さじ1
  • お好みのサラダ 適量
お肉をタレに30分ほど漬け込む。

★の材料を混ぜ合わせ、お肉を30分ほど漬け込む。
タレごとお肉を焼いて、適当な大きさに切る。

タレごとお肉を焼いて、適当な大きさに切る。

サラダと一緒に混ぜて器に盛ったら出来あがり♪


サラダには何もかけなくてもいいように、お肉にバッチリ味をつけてあります。お肉を焼いたときのタレも一緒に混ぜてもOK。

食べ盛り、のび盛り、働き盛りのみなさんにバランスよく栄養補給(笑)!大皿に盛ってみんなでワイワイ食べちゃってくださいね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

黒毛和牛のソテー&レモンペッパーソース

黒毛和牛がお買い得だったので、思い切って奮発しちゃいました!

お買い得とは言えそれなりのお値段はしましたけど、ケチケチしないで、たまにはスペシャルな晩ごはんもいいかなぁと思いまして。

いいお肉を買ったら、やっぱりおいしく食べたい!ということで、
「黒毛和牛のソテー&レモンペッパーソース」を作りました!

黒毛和牛のソテー&レモンペッパーソース



バターベースのソースで、レモンや大好きなにんにくもたっぷり使ってますよ〜♪ これがまた、たまらなくおいしいんですよねぇ。

「黒毛和牛のソテー&レモンペッパーソース」の作り方
「黒毛和牛のソテー&ペッパーソース」の材料
材料(2人分)
  • 黒毛和牛 200g
  • バター 50g
  • にんにくスライス
     2片分
  • 黒こしょう 適量
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • パセリ
    (みじん切り) 適量
牛肉を焼く。

牛肉を焼く。
お好きな状態に♪
ペッパーソースを作る。

小鍋にバターとにんにくスライスを熱し、にんにくの香りが立ったところに黒こしょう・レモン果汁・パセリを加える。

牛肉を切って器に盛り、ソースをかけたら出来あがり♪


このブログを書いてなかったら、黒毛和牛なんて買わなかったかも。

でもお料理が趣味みたいになった以上、おいしいものも食べるのもお勉強。最近は多少の出費も気にならなくなりましたよ(笑)

そしておいしいペッパーソースとともに、至福のひとときを過ごしたのであります。次に食べられるのはいつかなぁなんて想いながら…。

いい食材でおいしいものを食べることもプラスになるけど、節約してもおいしいレシピが編み出せるように頑張らなきゃですね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

贅沢なトマトソース&牛肉のソテー

今日は勝手に牛肉の日♪ 我が家で採用するお肉の割合は、牛肉:豚肉:鶏肉=1:7:2とダントツに牛肉の出番が少ないんです。

だから牛肉を買った日は何となくごちそうな日になるのです。

今日はちょっぴりソースにこだわって「贅沢なトマトソース&牛肉のソテー」を作ってみましたよ〜♪

贅沢なトマトソース&牛肉のソテー



ごちそうと言っても、特別いい牛肉を使うわけではありません。今回は100g当たり約90円のオージービーフの切り落としです。安っ!

それをいかにおいしいお料理に仕上げるかが、腕の見せどころになります(やばい!自分でハードル上げちゃった…)。

「贅沢なトマトソース&牛肉のソテー」の作り方
「贅沢なトマトソース&牛肉のソテー」の材料

さて今日は何が足りないでしょう?


本当は赤ワインがよかったんだけど、なかったから白ワインで・・・。
材料(2人分)
  • 牛肉 300g
  • バター 大1
  • トマトペースト 大1
  • ウスターソース 大2
  • たまねぎ 1/4個分
  • メイヤーレモンのはちみつ漬け 2枚
  • にんにく 小1/2〜
  • 白ワイン 大2
  • シナモン 少々
フライパンにバターを熱し、たまねぎをじっくり炒める。

たまねぎ・メイヤーレモンのはちみつ漬け・にんにくはみじん切りにしておく。

フライパンにバターを熱し、たまねぎをじっくり炒める。
そのほかの調味料を加えて、混ぜながら煮立たせる。

そのほかの調味料を加えて、焦がさないように混ぜながら少しだけ煮詰める。
牛肉をソテーする。

牛肉をソテーして器に盛り、トマトソースをかけたら出来あがり♪


ソースの材料をかなり吟味して作った甲斐があって、ハンパなくおいしいトマトソースができました♪ まさに「ビンゴ!」って感じです。

牛肉をソテーして、そこにトマトソースを加えて混ぜ合わせてもOK。メイヤーレモンのはちみつ漬けもレモンとはちみつで代用できます。

これでもうちょっといい牛肉を使ったら、相当おいしくなっちゃうかも〜!考えただけでテンション上がっちゃいます(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

牛肉とパプリカのレモン炒め

パプリカのレモンマリネ」をはじめて作った頃から、パプリカのおいしさと元気カラーが大好きになりました。

そのあともパプリカがよく食卓に登場するようになり、今日もパプリカを使った料理「牛肉とパプリカのレモン炒め」を作りました!

牛肉とパプリカのレモン炒め



パプリカの味も楽しみたいので、レモンと塩・こしょうだけのシンプルな味つけにしてみましたよ♪

「牛肉とパプリカのレモン炒め」の作り方
「牛肉とパプリカのレモン炒め」の材料
材料(2人分)
  • 牛肉 100g
  • パプリカ 2個
    (赤・黄)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • レモン果汁 大さじ1
  • レモンの皮(細切り)
     適量
  • 塩・こしょう 適量
牛肉・パプリカ・玉ねぎを食べやすい大きさに切る。

牛肉・パプリカ・玉ねぎを食べやすい大きさに切る。

牛肉に塩・こしょうを振って、レモン果汁・レモンの皮と一緒に合わせておく。
フライパンに油をしき、パプリカと玉ねぎを炒める。

フライパンに油をしき、パプリカと玉ねぎを炒めたら一旦お皿に取りだす。
牛肉を炒める。

同じフライパンで牛肉を炒める(レモン果汁と皮も一緒に)。
火が通ったらザルにあけて、余分な水分やアクを取り除く。
パプリカと玉ねぎを戻して、塩・こしょうで味をととのえる。

再び牛肉とパプリカ、玉ねぎを戻して炒め合わせ、塩・こしょうで味をととのえたら出来あがり♪


うーん! やっぱりパプリカっておいしい〜!!

牛肉との相性もいいし、さっぱりしたレモンの風味も最高♪
食べる直前に、さらにレモンをギュッと絞るのもおすすめですよっ。

またまた簡単でおいしい一品ができて大満足です。またパプリカ買ってこよ〜っと!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ