レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

驚くべき「豊橋方式」のレモン

今日またインターネットでレモンのことを調べていたら、驚きのページを見つけてしまいました。

とは言っても、レモンがあまり好きではない人には全くおもしろくない話なんですけど、私的にはそれがかなり衝撃的な大発見だったんです!

2011年6月1日に放送された「ためしてガッテン」をご覧になった方はいますか?

その日の番組は「みそ汁もラーメンも!レモンで激うまにする本気の裏技」というタイトルでした。私が見つけたのはその番組の動画サイトなんです。

この番組を見た人にはもう古い話なんですけど、私は今日それを見たのでもうびっくり!食い入るように見ましたよ。

まさに今までのレモンの概念を覆すような衝撃的な内容でした。

レモンがおかずに !? 激うまのウラ技
栄養はあるけど、酸っぱくてあまり食べられない!そんなレモンの印象をひっくり返す驚異の料理法が日本に存在した!

実は、レモンをおいしくする秘けつは、果汁ではなく、ふだん捨てている皮を活かすこと。
そこに含まれる「シトラール」という香りが、レモンを酸っぱいだけじゃなく、激ウマに変える!

ヨーロッパでは、香りを活かすために皮ごと食べることも。
ところが日本では、温暖なヨーロッパのレモンと違い、皮が硬く食べにくい。

そこで登場するのがレモンを丸ごと凍らせ、粉々にすりおろす方法。これだけでレモンの風味が激増!

コロッケやラーメン、お汁粉などに入れると、激うまのレモン料理が生まれる!レモンの常識を覆す、裏技を伝授する。


という内容でした。この方法を編み出したのは、愛知県豊橋市にあるレモン農家。

粉々のレモンをコロッケの料理に入れると味がおいしくなり、豊橋でブームになったことから「豊橋方式」と呼ばれています。

「豊橋方式」レモンの食べ方

レモンをよく洗って、半分に切って凍らせるか、もしくは丸ごと凍らせてから半分に切ります。

そして、半分のレモンの断面をおろし器に当ててすりおろします。こうすることで、レモンの果汁と皮が同時にすりおろせるのでおいしくなります。

あとはお料理の上にすりおろしたレモンをお好みでかけるだけで、レモン風味満点のおいしい料理を食べることができます。


レモンの風味と酸味は、塩味や甘みを引き立てる効果があるので、塩味や甘みのある料理には特に向いているそうですよ。

また皮ごと食べることで、レモンの皮に含まれるビタミンCやレモンポリフェノールを取り込むことができます。ビタミンCは、果汁だけ飲むときのなんと5倍もとれるんですって。

このおいしくて栄養もとれる豊橋方式のレモン。試さないわけにはいかないですよね!
 
ということで、明日わたくし愛知県豊橋市に行ってきます♪
レモンが脇役ではなく主役になれることを信じて・・・。


コメント
コメントする








   


このページのTOPへ

ページトップへ